口臭がキツイわたしの予防策

糖尿病などによって口臭が発生する事も

口臭はしばしば、病気と関係しているケースがあります。糖尿病と胃潰瘍などはそれと大きな関係があるそうです。
まず前者の糖尿病ですが、血液に含まれる物質が関係してきます。その病気になりますと、血液の成分が普段とはちょっと違ってきます。糖尿病によって、特定の成分が含まれることになります。その成分が原因で、口の中で悪臭が発生して息が臭いと感じるケースがある訳なのです。
また後者の胃潰瘍ですが、同じく臭いの原因になり得ます。胃潰瘍で分泌される物質の中には、かなり臭いがきついものがあります。その物質が口に伝わって、口臭という形で出てくる訳なのです。ですのでメカニズムは、糖尿病に類似しているとも言えるでしょう。

 

 

出典 
口臭予防ができる歯磨き粉は?消えない口臭はこれで解決

 

このように特定の病気によって、口臭が発生するケースもあります。病気によって発生している訳ですから、口の中のブラッシングに力を入れてもあまり意味が無いということになります。ブラッシングに力を入れると言うよりは、やはり糖尿病や胃潰瘍といった根本原因を治療することが大きなポイントになってくると思います。
口臭というと口の中の汚れがクローズアップされるケースが多いですが、こちらのような病気がその原因になっているケースもある訳です。
歯磨きだけではなく、口臭の原因そのものも考える必要がありますね。
ただほとんどの場合は歯周病による口臭が原因とされています、その場合はしっかりとした歯磨きとその選び方が重要と言えます。